2024年04月13日

腕時計の電池寿命は機械によります!

こんにちは〜♪

北海道芦別市、タカセの諒です(^_-)-☆


今日は朝から晴れて暖かくなりそうです(^^)/

週末天気良さそうですが、皆さまどう過ごされますか??







当店では腕時計の電池交換を承っていますが、

時々「長持ちする電池無い?」と聞かれます。。。


結論から言うと、

腕時計の電池がどれだけ持つかは

「その腕時計次第」です!(^^)/

IMG_2327.jpeg


こんな感じで色んな種類の時計用の電池がありますが

あくまでサイズは「時計に組み込まれている機械の大きさ」に準じて決まります(#^^#)

なので、当然機械に合わない種類の電池は入れられないですし

特別長持ちする電池がある訳では無いのです( ゚Д゚)


IMG_2328.jpeg


通常、腕時計の電池寿命は「2〜3年」のものが多いとされています(^_-)-☆


タカセでは、店頭で電池交換を行っていますので

10分程お時間頂ければ大抵のものは電池交換できます(^_-)-☆

※時計の状態によってはもっと時間のかかるものや
受けられないものもあります。

※ソーラー時計の二次電池(蓄電池)の交換はメーカー送りでの修理対応となります。

posted by タカセ at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 時計のこと

2024年04月09日

機械式自動巻き時計のオーバーホール

こんにちは〜♪



北海道 芦別 メガネのタカセ  紳で〜す(^^♪



4月になって雪解けが急に進みましたね〜

もう少しで、ゴルフ場オープン(笑顔)・・・今年は何回行けるかな?




機械式時計のお話をします


世界初のクォーツ式腕時計が発売されたのは、1969年 タカセがお店をオープンした年です

1970年代、腕時計の主流はクォーツ時計に変わりました



確かにクォーツ式の方が、安価に作れて時間が正確・・・良いところばかりですよね


ただ、どんなに高価な時計でも電子回路がダメになると、修理不可になってしまいます



メンテナンスにお金は掛かりますが、機械式時計の方が長持ちするということですね

超高級時計と言われる有名ブランドに機械式が多いのもそんな理由かも?



実際に自動巻きの機械式時計をメンテナンスに出してみました



IMG_4237.JPG



オーバーホールをする前の症状として

自動巻きを1日腕にしていて、夜に腕から外して朝までに止っている

最終的には、腕にして動かしている間にも止まってしまいました



止まる最大の原因は油の劣化です

昔の足踏みミシンを知っている方は、油をさしたら動くんじゃね〜

・・・とおっしゃいます



大きな柱時計でしたら もしかしたら動くかも? ですが


精密機械の腕時計はそうなりません



まずは劣化して固まった油を綺麗に落とすところから始まります


機械を全て分解、溶剤の入った超音波洗浄機で綺麗に油を洗い流したら乾燥

部品ひとつひとつに新しい油を塗布しながら組立

実際に動かして時間調整をします




組みあがって、テンプ(振り子)がクルクル 綺麗に回り出すと・・・生き返った!






機械の一番上で行ったり来たり 動いているのがテンプです


規則正しく動いていると、つい見入ってしまいます(笑顔)




オーバーホールの料金は、時計によって変わります

今回の時計は¥27,500(税込) でしたが


メーカー/ブランド/年式で大きく異なる場合があります


グランドセイコーで¥70,000〜¥80,000

ロレックスですと最低で¥100,000〜 とお伝えしています



特に海外メーカーは、見積りをするだけで¥5,000ほどかかる場合もありますので

ご注意下さい
posted by タカセ at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 時計のこと

2024年03月11日

ひと冬越えて、充電不足にご注意を!

こんにちは〜♪

北海道芦別市、タカセの諒です(^_-)-☆

3月に入り、少しずつ春の気配が大きくなってきた気がします(#^^#)


と思ったら、週間天気予報では雪マークがチラホラ・・・

まだまだですね・・・







さて、「ソーラー(光発電)」の腕時計をお使いの皆さま!

最近、発売されているもの、圧倒的にソーラーが増えてきている気がしますが・・・( ゚Д゚)

【充電不足にご注意ください!】


ひと冬越えて、充電不足で持ち込まれることが最近増えてきました!



「自分は毎日使っているし大丈夫♪」と思われているそこのあなた!

日常使っていても、冬場長袖を着ていると


IMG_2320.jpeg


こんな風に文字盤が隠れてしまって、案外光が当たっていません( ゚Д゚)


そうなると、こんな感じで日中は窓辺で光を当てて

IMG_2321.jpeg



場合によっては一晩中機械の下で光を当てて・・・

IMG_E7703.JPG

と復活するまで、結構な時間がかかります(;一_一)


完全に止まってしまっていると、しっかりと充電されるまで「約1週間」掛かります・・・


くれぐれもご注意を!
posted by タカセ at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 時計のこと

2024年03月05日

最近レアな記念品

こんにちは〜♪



北海道 芦別 メガネのタカセ  紳で〜す(^^♪

もう3月・・・早く雪解けないかな?  と思っていたら、また積もった(残念)


北海道の春は、まだ先のようです




今日は「置き時計」のお話です

皆さんのお宅に「置き時計」有りますか?

「目覚し時計」は有るかと思いますが、最近「置き時計」はあまり見かけ無くなりましたよね!



我が家では、玄関の飾り棚の上とトイレの棚、ユーティリティーの窓枠に可愛らしい時計を置いてますが


時計メーカーさんでも、商品数がかなり減ってしまいました




そんな中、「記念品」として「置き時計」を納めましたので紹介します(笑顔)



IMG_4120.JPG


文字盤下の飾り振り子がクルッ・クルッ と回って綺麗です


全体には落ち着いた濃い茶の木枠ですので、どこに置いても馴染むデザインです



機械本体は、最新の「電波時計」・・・だから安心!




IMG_4123.JPG


「記念品」ということで、本体裏に刻印した「プレート」を付けさせて頂きました


以前ですと、表面に文字を入れた事もあります

ご要望に合わせて対応することが出来ますよ!



今回の「置き時計」で定価¥27,500(税込)です


気になりましたら、ぜひ お問い合わせ下さい(待ってま〜す)
posted by タカセ at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 時計のこと

2024年02月24日

珍しいタイプの電池交換が続きました

こんにちは〜♪



北海道 芦別 メガネのタカセ  紳で〜す(^^♪



2月になって、もう春!

そんな訳ないか・・・と思いながら、暖かい日を過ごしています




珍しい腕時計の電池交換が2個続きました


ひとつ目は、時計の側を開けるのが珍しいタイプ!

ほとんどの腕時計は、裏蓋がはめ込み式か、ねじ込み式なのですが

IMG_3932.JPG


写真の時計は、胴体部分に穴が開いていて、そこにクサビがはまっています
12時側・6時側のクサビを外すと、裏側が取れます
その裏側に機械が入っていて、リューズの向きに気を付けながら上手に機械本体を外します

IMG_3933.JPG


上手に取ることが出来ますと、電池交換は通常と同じです(笑顔)

電池交換が終わると、リューズに付いているスリットと本体側の軸がハマるように機械を納め


元のようにクサビをはめて固定すれば出来上がりです!


新しい時計ではほとんど見られない時計ケースです



そして、ふたつ目の時計は電池交換後のデータ入力が必要な時計です

IMG_E3922.JPG


この時計、見た目は普通なのですが・・・


特殊な電池が入ります( ゚Д゚)

そして、変わった機能が付いてます



現在の電波時計以外の 日付つきの時計は

毎月の30日31日そして、2月の28日29日が狂ったときに、手動で合わせてあげなければいけませんが

この時計は、そのデータを入れることが出来て、自動的に30日から1日へ

28日・29日のうるう年もちゃんと1日に変わります



IMG_3934.JPG


まずは裏蓋を開けますが、これはネジ式 普通です

入る電池がシールに覆われていて、入れる方向が決まっています


IMG_3930.JPG


電池を入れて、正常に動くことが確認出来たら

電池周りの5ヶ所の端子と、電池の+極を接触させながら


その日の「年」・「月」・「日」のデータを入力して、動作を確認



パッキンにグリスを付け直して、シッカリ裏蓋を閉じ、午前・午後に気を付けて時間を合わせればOK(笑顔)


実はどちらの時計も、販売終了から25年〜30年以上経過しており


機械故障が起きると、部品が無く 修理できない時計です



電池交換で動く限りは、対応したいと思います
posted by タカセ at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 時計のこと

2024年02月16日

時計ベルトの特殊修理

こんにちは〜♪



北海道 芦別 メガネのタカセ  紳で〜す(^^♪



札幌の「雪まつり」が、コロナ前と同じ規模に戻って無事終わりました!


まだまだ、コロナが完全終息という訳ではないと思いますが



様々なイベント、旅行が普通に戻って来たな・・・と感じます


店の前を、札幌⇔富良野 高速バスが通るのですが

観光の方が増えているのでしょうね、ほぼ満員の割合が増えています

ありがたいことです(笑顔)



さて、話は変わりますが

特殊な時計ベルトの修理をしましたので、ご紹介します


実は、2年ほど前にも紹介しているのですが(笑)


IMG_3768.JPG



写真のように、金属ベルトが途中で切れてしまってます


長さ調整の為に、取り外しが出来るピンの所でしたら

そのピンを交換することで修理出来るのですが



今回は、埋め込まれたピンが折れたため簡単に交換出来ません


修理の優先順位として

@ メーカーに同じベルトが有るかを確認

A 市販の金属ベルトに交換できるか確認

なのですが、今回の場合は@無し、Aは時計側の付け根部分が特殊な為無理


・・・と言う事で

時計修理2.JPG

今回は、折れ込んだピンの部分に 新たに穴を開け

新しいステンレス棒を打ち込み


固定した後で、ピンを打ち込んだ跡が分からないように仕上をします


修理後が こちら

時計修理1.JPG


すっかり、元通りになっています(笑顔)



品物や、壊れ方によって 違いはあると思いますが


修理代 ¥18,000(税込)〜

修理期間;3週間程度です



少しお高くつきますが、思い出の品・愛着のある時計でしたら

ぜひ検討してみて下さい お見積りいたします
posted by タカセ at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 時計のこと

2023年12月05日

充電中〜

こんにちは〜♪

北海道芦別市、タカセの諒です(^_-)-☆


今日のサンタさん。

IMG_1275.JPG

『ワシだって青色も似合うんじゃぞ』だそうです(^_-)-☆


☆TI-FEEL
SONA‐610



冬が近づくにつれて、徐々に心配になってくるのが

ソーラー時計の充電不足

光に当たって、充電されるソーラー時計って

日頃、使う分には電池交換不要なのですが

いったん止まってしまうと、復活までに時間を要します( ;∀;)

特に冬場は日照時間が短いのと、

着ている服が長袖になってくるので

時計の文字盤に光が当たりにくい状態に・・・

タカセでお預かりした時には、

昼間の太陽光に加えて

IMG_E7703.JPG

夜間もこんな機械で光を当て続けて充電しています(^^)/


この日は、捷さんがいつもと違う角度で機械をセッティングしていたので
(特に角度によって何かが大きく変わるわけではありません!)

なんとなく、下からのぞき込んでみたくなった私。

IMG_7704.JPG


すると捷さんにスマホで写真を撮られたので、
ついついいろんなポーズをとってみる私

S__10723330.jpg

ということで、時計も諒も充電中です!笑
posted by タカセ at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 時計のこと

2023年04月22日

屋外用の大きな掛け時計

こんにちは〜♪



北海道 芦別 メガネのタカセ  紳で〜す(^^♪




今年は「優勝」を目指す北海道日本ハムファイターズ・・・ですが

なかなか連勝がむずかしい


何とか勝率5割に近づいて欲しいです!




今日は、外壁用の大きな時計のご紹介です


従来、外の高い所に取り付ける時計は、設備時計といって


時間調整用のコントローラーと時計本体、電源等を配線工事して取り付けるモノでした




ここ最近の機械の進化で

ある程度の大きさ(直径50cm程度)でしたら



普通に掛けるタイプでも使えるようになりました




今回選んでいただいたのは、セイコーのソーラー・電波時計

SF211S  定価104,500円(税込)



大きな農家さんの倉庫外壁に取り付けました

取り付けは、高所作業車がある電気工事屋さんに依頼




ソーラータイプなので、電池交換が無く、電気配線もいりません



電波時計なので、時間修正も自動!


IMG_1823.JPG

機械部分はゴムのパッキンで覆われ、さらにステンレス・カバーが付きます



大きさは、普通の時計と比べるとこんな感じ・・・

IMG_1856.JPG


一回り大きいですね




外で作業をする時に時間が分からない、かと言って腕時計も作業の邪魔になるそうです



そこで、倉庫の外壁に大きな掛け時計!




設備時計だと、工事費も含めると最低でも30万円以上かかりますが


この時計だと取り付けも簡単と言うことで、選んでいただきました


IMG_1995.JPG


実際に取り付けるとこんな感じ・・・



これで、時間を気にせず作業ができますね(笑顔)
posted by タカセ at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 時計のこと

2023年02月19日

ソーラー時計に光を当ててください〜( ;∀;)

こんにちは〜♪

北海道芦別市、タカセの諒です(^_−)−☆


今日はすごく暖かいです(´∀`)

と言うことで「屋根からの落雪に注意」です( ゚д゚)



タカセでも裏の物置の屋根雪が落ちていました。


道路は道路で、グチャグチャ雪状態になってます( ゚д゚)


外を歩く際には、上にも下にも注意ですね(^_-)






さて、たびたびご案内している内容ですが

2月に入って急増しているので再度取り上げます( ´Д`)


ソーラー時計にはこまめに光を当ててください



今朝の段階で3つの時計が仲良く日光浴しています♪( ´▽`)


C046675F-1EFD-4378-98C8-C54C77CB7D61.jpeg




・・・仲良くな〜んて呑気なことを言ってる場合じゃなかった( ゚д゚)



特に、ソーラー(光発電・充電)でかつ電波時計(時刻や日付を自動修正)の時計の場合、


まず、しっかり充電されないといけません。

時計の様子を見ていると、
完全停止している場合、少し光を当ててあげると動き出しますが
(場合によっては2秒ごとに秒針が動くかもしれません)

時計の中で充電がたまらないと、電波受信をしてくれません。


時計本体の性能や日照時間にもよりますが、

電波受信が可能になるまでで2〜3日かかります( ゚д゚)


さらに、電波を受信しても正確に表示されないことがあります・・・


この場合、「基準位置」という時計の中での「ゼロ地点」がずれていることが原因なので

基準位置の修正も必要になります。。。( ´Д`)


と言うことで、『ソーラー電波時計』がいったん止まってしまうと

正常に使えるようになるまでに1週間近くかかる可能性があります!


『明日使いたかったのに〜』と言われてもどうすることもできないのです( ;∀;)



しつこいようですが、

冬場のこまめな充電

よろしくお願いします。

posted by タカセ at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 時計のこと

2022年11月21日

ソーラー時計の充電不足にご注意を!

こんにちは〜♪

北海道芦別市、タカセの諒です(^_−)−☆


今日は朝から雨が降ったり止んだり・・・

その分、朝の冷え込みは少し和らいでましたが(^^)




先日、捷を驚かせ怒らせたワニさん。

実際に食べられて(中に入って)みると、暖かいのですが

寝袋状になっているので移動ができない・・・(T . T)



「これで歩けたら便利なのにね〜」と話していたら


IMG_0266.JPG



久美子さん、足を出せるように改良!


早速ワニの中に入ってご満悦な紳さん(o^^o)

IMG_0269.JPG



楽しいのはすごく伝わって来るのだけれど、

なんだろう、この写真すっごく「ダサい」・・・( ´Д`)










気を取り直して本題ですヽ(´ー`)



冬至はまだ1ヶ月ほど先なのですが、

最近は3時を過ぎると暗くなってきて

4時にはかなり暗い気がします( ;∀;)


外を歩く人は気をつけましょうね♪




日照時間が短くなってくると、

『充電不足に陥ったソーラー時計』が良く持ち込まれるようになります( ´Д`)


39850C97-20D8-4ACE-8AD7-DE4A00DE0081.jpeg


タカセの「日サロ」こと、充電装置も連日稼働中です♪( ´▽`)



寒くなってきて長袖だったり重ね着が増えて
普段使っていても袖に隠れて光が当たらなかったりすることが原因として考えられますが、


やはり「太陽の光」の力は大きいです(o^^o)



蛍光灯など屋内の電気の光でも発電・充電はされますが、太陽光には敵いません。。。


なので、やっぱり

月に一度窓際で充電」をオススメします(^O^)



止まると、再び動き出すまでに結構時間が掛かります(@_@)

特に電波機能を持つものは・・・(T . T)



こまめに光に当ててくださいね♪
posted by タカセ at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 時計のこと
メールでのお問い合わせはコチラ ↓
megane-takase@opal.plala.or.jp
Facebookはこちら↓
Twitterはこちら↓