2021年02月18日

精密機械に「ゴミ」は天敵!

こんにちは〜♪


北海道 芦別 メガネのタカセ 久々の紳で〜す(^^♪


今日は、時計の不具合のお話を少し・・・



電池式の「クオーツ」時計が発売されてから50年

今では低価格の商品もたくさん出回っていますので

時計が「精密機械」と言う印象は薄くなっているのかもしれません



特にカシオ「G−SHOCK」のような、丈夫さを特徴とする時計になると

多少、乱暴に取り扱っても壊れない!(事実そうなのですが)



でも(>_<) やっぱり精密機械・・・

ゴミやショックで不具合が起こる事もあります



DSC_0783.JPG

写真のG−SHOCK、ちゃんと動いているのですがモードの切り替えや、時間合わせが出来ない



実は、4ケ所付いている操作ボタンが全て操作出来なくなっています


操作ボタンを外してみると、中にゴミが詰まっていて押ささらない状況に

DSC_0780.JPG

今回は、4ヶ所全て同じ状況でしたが、1ヶ所だけが詰まっても不具合は変わりません


操作ボタンを取り外し、中にあるバネ、パッキン、ワッシャー等のゴミを綺麗に取り除いて、グリスを塗布して組み直します

DSC_0776.JPG


今回の時計は、店頭で分解できる商品でしたので、
1日程度のお預かりで、メンテナンス料も1,000円です


ただ最近は、ソーラー電波時計が増えて来まして、店で中を開けることが出来ない時計も増えてきました

その際は、メーカーのサービスセンター送りとなります・・・



修理日数、料金は機種によって変わりますので、お問い合わせ下さい?




時計は「精密機械」ですよ〜!(^^)!
posted by タカセ at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 時計のこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188399470

この記事へのトラックバック
メールでのお問い合わせはコチラ ↓
megane-takase@opal.plala.or.jp
Facebookはこちら↓
Twitterはこちら↓